求人コラム

看護師の転職 ~給与とライフバランス~

投稿日:

看護師になる方の傾向と、どんな職場に転職するのか、給与やライフワークバランスの観点からまとめてみました。看護師は、正看護師と准看護師の二種類の資格が存在し、どちらも病院や訪問看護ステーションでの勤務をします。病院では、医師の診療の補助や病人の療養の世話などを行います。また、訪問看護ステーションという看護師が中心となって活動を行う施設も増えています。
看護師の転職

男性看護師の傾向

性別は、女性のイメージが強いですが、近年、男性の看護師も増えてきています。高齢化社会のなか、看護師の需要は今後もどんどん高まっていくことが予想されます。看護師の求人募集は常にあるので、転職先に困ることはないでしょう。転職先として日勤のみのクリニックや、多様な症状の患者様の対応を行いたいという場合は、夜勤のある総合病院などへの転職が可能です。待遇面など、どんな条件で働きたいのか、どんな医療機関で働きたいのか、転職する上でも、自分のライフスタイルに合わせた、働き方を選択できます。

看護師と准看護師

看護師も准看護師も共通して医療行為を行えますが、資格が異なります。正看護師免許は、厚生労働大臣が認可する国家資格です。
准看護師免許は、各都道府県知事が認可する資格です。正看護師になるためには、要件として、高校卒業以上が必須であり、准看護師の場合は、中学校卒業以上が条件になります。

できる業務の範囲について差はありませんが、正看護師は自ら判断して看護の提供ができるのに対して、准看護師は「医師・歯科医師または看護師の指示を受けて」看護業務を行うことができます。ですから、准看護師は看護師長になることはできない、ということになっています。

看護師になるために

看護師は資格取得まで3年間必要です。3年制の専門学校や看護科のある大学を卒業後、国家試験を受験して、資格を取得します。専門看護師や認定看護師へのキャリアアップや、大学院や養成所等で養成課程を修了すれば保健師や助産師の国家試験を受けることもできます。

准看護師は最短2年間で資格取得が可能です。夜間に半日制で通える専門学校も多くあるので、社会人として働きながら、准看護師の資格取得を目指すこともできます。異業種からの転職で看護師を目指す場合、准看護師になるのが一番の近道となるといえると思います。准看護師として転職後に働いてから正看護師にステップアップすることも可能です。正看護師になれば転職先の幅もさらに広がります。

看護師の転職先

一般企業から医療分野に携わりたいという志をもって、看護師に転職される方も多くいます。
看護師免許があれば、日勤のみの診療所や、託児所完備の病院、あるいは訪問看護や介護施設など様々な医療機関などでの需要があり、転職先に困ることはありません。子どもをもつお母さんにも働きやすい環境が整っているといえます。家族の事情で転居などする場合でも、医療機関はどんな地域にもあるものなので、転職は可能です。

転職する場合の気になる給与面ですが、看護師の平均年収は525万円ほどで安定しています。一般企業の年収と比較しても、給与水準は高いといえるでしょう。正看護師は総合病院や大学病院での求人募集も多くあります。高い知識を求めるような病院では、正看護師が求められ、准看護師の採用には消極的なとこともあるようです。准看護師は日勤のみのクリニックなどで募集が多いです。介護施設や訪問看護を行う事業所などでも重宝されます。

看護師の転職 まとめ

このように、看護師は正看護師・准看護師問わず、超高齢者社会のなか、医療機関がなくなることはないので、転職先に困ることはありません。好きな働き方が選べ、困っている人の役に立てる遣り甲斐もある、人気の職業と言えます。

・男性看護師が増えてきている
・正看護師と准看護師でできる医療行為に差はない
・資格取得に必要な期間は2~3年
・給与は一般企業と同程度
・一般企業と比べワークライフバランスが良い

-求人コラム
-

Copyright© 求人内科・整形外科クリニック|練馬区・新座市 , 2019 All Rights Reserved.