求人コラム

おもしろ求人〜時代背景が見えてくる〜

更新日:

おもしろ求人とは、

働き方の改革が多く取り入れる時代に見つけた、おもしろ求人や今の働き方、今後の働き方について、

医療求人マネジャーKとドクターTの対談式を記事に落とし込みました。

〜磨け、個人のブランド時代〜週休3日で働き方は変わる?〜

週休3日の週4日の働き方について 、これ面白求人と言うか、

自分の最近のライフスタイルに合わせてセカンド的な自分の趣味とか働き方も働きと言うか自分の趣味とかも謳歌できていいんじゃないかなと。

ただ、 週4日働くっていうのは 本当に自分のそれ以外の時間、週休3日はそこをどうに過ごすかで面白さって変わってくるんじゃないかなと思います。

週休3日、繋がりでもう一つおもしろ求人が副業出来ますと言う、求人がありました。

時代背景で言うと年功序列とか終身雇用とかそういった大手一流上々企業でも100年以上続いている会社っていうのが少ない中で、

どんな組織でもどんな状況でも働けるっていう人材を育てるっていうコンセプトで組織の仕事以外に副業を必ずしなければいけないというのは面白いかなと思います。

自分のブランドを作りあげ、通常の働きにプラスして、自分の趣味や特技も仕事にできる時代、、あるいわそのスキルを身につけなくていけない時代が近くにあるかしれません。。

〜昼寝が会社の鍵を握っている!?〜

お昼に昼寝の時間がありますよと書いてあるのを見たんですけど、接骨院とかっていうのは、

朝9時から夜8時までの営業時間が結構多いと思うんですけどその間の中の時間休憩の時間がかなり長かったりするので昼寝の時間というより昼寝もOKで

すよっていう求人は見たことがあります。

自分も接骨院とかではなく見たことがあるのが、工場の求人でした。

夢工場っていう風に歌っている工場は今までは「3K」っていう、きつい・汚い・危険・が常識でしたが若者がそういった業務に就かないとかっていうのもあって

クリエイティブな仕事を人間がやって機械がオートメーション、AIを駆使してやるという工場では

外部にその面白さを発信する時間の余裕が出来ていてこのブログでなんだろうって思ってみてみると。

ブログの中で社員が、オートメーション機械に任せておける時間に椅子を並べて昼寝しているよー。っていうシーンが出てました。

このブログで、「3K」のイメージが無くなってやってみようかな!みたいな人も増えますしね!

確かにその働き方っていうところで昼寝っていうのは一部だと思うんですけどもその会社内でどうに過ごすかとか・どうに過ごしてもらうかとかそういう部分の

取り組みっていうのは今後も結構変わってくるかなっていうところがポイントですね!

働き方が変わり快適になると同時にクリエイティブなことがどんどん出てくる救世主は、昼寝!?になるのでしょうか。。

 

〜働くは時間ではなく、いかに自分が1日で機能していたか〜

仕事とはなんなのかっていう話になってきてると思いますが 昼寝はお昼休みになんですが一方で勤務時間中に好きなことやっていいよっていう求人があってで

それが見つけたのが筋トレをするのが勤務中にオッケーというのがありました。

今までは管理されている中で決まった仕事をするというのが仕事っていう概念だったのが生活の一部という捉え方始まっているのかなと思います。

仕事中に筋トレっていうのは 今まで全く概念としてなかったんですけども すごい面白い取り組みだなと思っていて

他の医院さんで見かけたのが、新人研修に 毎朝の筋トレっていうところが入っていて、これは遅刻防止だったりとか社会人としてのあり方を

備え付ける機会っていうのもあったと思うんですけども

今の筋トレっていうのは本当に働いている中で自由に使っていいですよと。それって 1日仕事をする中で少しアクセントになってまた

それが新しいクリエイティブなことを生み出す時になるかなと思いますね。

今、本でも筋トレが仕事にも役立つや、筋トレは人生のバイブルだ!みたいな本が流行っていますよね。

仕事を生活の一部と捉え、時間で仕事をこなすより、筋トレでアドレナリン出してからクリエイティブな仕事をするなど、

筋トレに限らず、いかに1日を効率的に使えたかが重要ですね!

〜給与だけが会社の魅了ではない。働く方のおもしろ〜

求人募集の中に給与20万円〜100万円て書いてあるのをたまに見かけるんですけどもこれって夢があっていいのかなと思う反面

どれだけ仕事を突き詰めるとここまで来れるのか。ただ、今の時代組織としてもそうなんですけども個人の時代が来てるのでインセンティブな部分っていうところが

評価されて給与にプラスされるっていう部分はあるのかもしれないですね。

私は20万円から100万円って書いてある求人で実際に初任給で100万円2年目3年目で100万円もらっている人はゼロじゃないかと思います。

そういった売りを書かざるを得ない、逃げですかね。本当を書きたくないとかそういった求人は面白と言うか除外するべきではないかなと

一方で

副業マスト求人に近いのかもしれませんが、 キャリアパスの中でリーダーを経て

自分の会社を持つことができる制度というのが設けている求人がありました。

先ほどの例えばでソニーでも100年続くとは限らない世の中で勝者とのつながりの中で完全に独立してやるって言うのではなくて、

その会社とのつながりで小さい会社ができるというのは面白いのかなと思います。

最近子会社の強化が多いですね!

なるほど、会社から給与100万もらえるかわからないまま踊らされているよりは、自分の会社を持てますよっておもしろですね。

いずれ、会社の理念のもと会社もテリトリーを広げられるし、会社を持ったそのその人もアイデンティー次第で、本当に給与も上がったり、

ましてや自分の思い描いていたことが、実現できるチャンス!両者win-winのおもしろですね。

〜企業にも家族の絆を〜

敬老の日に祖父母を招待してディナー会を行う 会社があるんですけども

これはおもしろというよりはすごい温かみのある会社だなと感じます。

なかなか会社自体で家族を巻き込んでディナー会や懇親会を行ったりとか出来ないと思うんですよね。

自分の家族を会社に巻き込むことによって働き甲斐や自分がこんなことやってるんだよっていうところを家族に誇りを持って見せれるっていう機会があるって凄いです。

このご時世の中で家族と会社っていうのがフォーカスされ会社が家族を大切に、家族が会社を大切にすることは大切なことです。

最初に 年功序列とか終身雇用とかが無くなって、会社の在り方が変わっているっていう話をしましたが、

高度経済成長期を過ぎても欧米式の競争が導入されて、そのタイミングで欧米では Googleとかアップルなどが、

今言ったような家族ぐるみの取り組みとか昼寝ができるとかチームワークを重視したものが

見直されてまたそれが日本がもう1回取り入れるっていう先進国のことを真似をしているんだけど

実は日本の方が早かったっていうことが面白いのかなと。

以上今回は医療求人編集KとドクターTの対談式おもしろ求人でした。
最後で読んでいただき今回もありがとうございます。

-求人コラム
-

Copyright© 求人内科・整形外科クリニック|練馬区・新座市 , 2019 All Rights Reserved.